↓ あなたの検索履歴に合わせた無料広告 ↓

内装のオシャレは種類が豊富!フロアマットとシートカバーのオススメ、便利グッズを紹介

カーアドバイス

クルマのパーツや商品で、内装用品が比較的お金もかからず、見た目もオシャレに、機能性もプラスすることができるものが多いです。

僕は、カー用品店勤務時代はこういった内装用品の担当歴が長かったので、自分が気に入ったものと、買って失敗したな~ってやつを紹介します。

カーライフの参考にしてください!
紹介する商品達は、送料かかっちゃうんで、お近くのカー用品店で買いましょう。

フロアマット

フロアマットは、クルマ購入時にオプションで買ったよって人か、もともとついてたよって人が大多数だと思います。でもね、フロアマットは純正よりいいものがたくさんあるんです!汎用タイプでもいいものはありますので、それぞれご覧ください。

紹介するのは 株式会社BONFORM(ボンフォーム) です。
ボンフォームは、車内のシートカバー、フロアマット、ハンドルカバーの他、小物類も多数扱っている大手メーカーです。
汎用タイプといいつつも、純正フロアマットに重ねて、ズレ防止用マットフックを使えばほとんどずれません!しかも、けっこう大きくて、3D構造になっているから靴の砂とか小石の汚れは、外にポイッてしたらすぐ綺麗になります。

出典:株式会社BONFORM

そして、大手メーカーならではの豊富な車両データから、オーダーカーマットもあります。
汎用タイプはフロント用で1,500円前後、リア用で800円前後です。
汎用タイプで値段も安めなので、長持ちはしません。特に、運転席の右足かかとの部分は、すぐにボロボロになっちゃいます。このへんは、汎用品の弱いところですね。


ボンフォームのオーダーカーマットでは、
コストを抑えた専用サイズベーシックタイプで6,160円~31,240円
カジュアルな柄が選べるスタンダードタイプで8,250円~36,520円
質感を良くした高級仕様デラックスタイプで13,420円~52,250円

出典:株式会社BONFORM

運転席にはヒールパッドがついているので耐久性は良いです!
純正より安く車種別専用フロアマットなら、ボンフォームで決まりです。

そして、フロアマットで一番オススメしたいのは株式会社イレブンインターナショナルのクラッツィオブランドです。
純正と同じくらいの金額ながら、純正よりクオリティの高い車種別フロアマットがあります。
正直、クルマ購入時にオプションで純正フロアマットを買うより、クラッツィオを別で注文するほうが後々の満足度は高いです。
特にオススメするのがフロント用の車種別専用設計の立体構造フロアマットです。

出典:クラッツィオ

立体構造になっていて、純正フックの位置に留め具もついているので、絶対にズレません!
スタンダードタイプはカーペット素材、ラバータイプは水汚れに強い素材で、どちらも水洗いですぐに汚れが落ちるのでメンテナンスがめっちゃ楽です。
1列目のみ  6,380円
2列目セット 10,780円
3列目セット 16,280円 ※ラゲッジスペースは含みません。
さらに、僕のオススメの組み合わせが
フロントは立体構造フロアマット、リアはカスタムフロアマットです。

出典:クラッツィオ

クラッツィオ カスタムフロアマットは、マット本体カラー10色、ヒールパッドカラー11色、エッジカラー13色から、好きな色の組み合わせでオーダーできるので、車内空間がガラッと変わります。

出典:クラッツィオ

ただ、少しお値段高め。
1列シート車 16,280円
2列シート車 32,780円
3列シート車 54,780円
でも、買って損はありません。僕は5年乗り続けたクルマにクラッツィオの立体構造マットとカスタムフロアマットを置いてましたけど、手放すまでマットには綻びも破れもありませんでした。

シートカバー

シートカバーは、純正シートにかぶせることで車内空間をガラッと変えることができます。
かぶせてヒモで縛る簡単に取り付けできるものから、力と根気とちょっとしたコツが必要なシートカバーまで、詳しく紹介します。

フロアマットで紹介したボンフォームは、シートカバーも多種取り扱っています。
汎用タイプは簡単に取り付けできます。というか、上からかぶせてお尻のところのヒモをぐるっと後ろに回してくくり、ヒザ裏のゴムをちょうどよさそうなところにひっかけるだけの構造です。
それぞれの車種にぴったりではなく、ブカブカなところがあるのは仕方がないです。
でも、シワになりにくいようにメーカーさんも工夫してありますよ。
最近では、抗ウイルス加工素材のシートカバーもあります。

出典:BONFORM ウィルスガードレザー

同じく、ボンフォームでは車種別シートカバーも扱っています。
車種別のシートカバーとしては、かなり安い価格帯(10,000円前後)です。

出典:BONFORM プリウス前
出典:BONFORM プリウス後

一般の人でも簡単に取り付けられて、フィッチングもそこそこいいのが特長です。
ただ、残念ながら全車種はありません。

純正シート以上のフィッティングとクッション性を備えた高級シートカバーが、先ほども紹介したクラッツィオです。
クラッツィオの専用シートカバーは純正シートの機能を損ないません。
つまり、純正シートについているバックテーブルやフック、アームレスト、ドリンクカップなど、綺麗にカバーしてくれます。納得のフィッティングと価格になること間違いなしです。

軽自動車用の安価なベーシックモデルで16,500円~ですけど、コスパはめちゃいいです。

出典:クラッツィオ キルティング
出典:クラッツィオ ダイア

下がスタイリッシュシリーズで軽自動車~普通車幅広くラインナップされています。
このどれもが、難燃加工・抗菌防臭仕様になっています。
ボンフォームの専用シートカバーの取付時間が2列シート車で約1時間なのに対し、クラッツィオの専用シートカバーは軽く3時間はかかります。
理由は、装着時にシートの脱着が必要(車種により外さなくてもいける場合もある)
    肘掛けは外す(要工具)
    各パーツごとに、押し込んで定位置に合わすのに根気強い力が要る
僕は、途中で指に力が入らなくなってきて、くじけそうになりました。(ちゃんとつけましたよ)
専用シートカバーはカー用品店などに取付を依頼するのもありです。

ハンドルカバー

ハンドルカバーは、ドライバーが一番手を触れる部分なので、運転のしやすさに直結します。
ハンドルカバーの材質はいろいろあって、それぞれの材質を紹介するので買うときの参考にしてください。

デザイン性通気性手触りグリップ汚れにくさ寿命値段
レザーブラック基調高め
1,500円~
ウレタン各色あり安価
500円~
メッシュブラック基調安価
500円~
編込み式ブラック基調高め
2,000円空

ルームランプ

ルームランプは、ほとんどの車種でルームミラーの根本あたりとリアのトランク部分にあります。
純正の球は電球タイプなので、LEDに交換するのがオススメです。
ただ、やたら明るさだけを強調したような製品は避けたほうがいいです。
LEDはチップが多ければ多いほどいいというわけではありません。
チップが多いもしくは明るすぎる = 基盤に負荷がかかり寿命が短い ので注意。
ルームランプに使われている球の形状は、T10・T10×31がほとんどです。

T10 5W球
T10x31 8Wor10W

汎用タイプ

好みの色、明るさで選び、上の純正品とほぼ同じ大きさであれば交換OKです。

専用タイプ

ネットショッピングでも多く出品されていますが、明るさだけを追求した商品だと、光がチラついたり、明るさによる発熱で寿命が著しく短くなったり、粗悪品の出品にあたってしまうこともあるので、注意が必要です。
安心できるメーカー品であれば、保証もあって取付の説明書も入っています。
オススメはライト系やドレスアップパーツを販売している ユアーズ です。
新車の対応も早く、90ヴォクシーの専用ルームランプももう販売されています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました